携帯Flash待ち受け作ってます。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「フラワグマ」作り直しました。 | main | オススメ映画 >>
Flashが面白いモノを作ってくれるわけではない。

えー
ワタクシ、Flashを使うようになって4年くらい経つでしょうか。
その割に、未だにアクションスクリプトは苦手という、情けない状態です。

で、
「自分もFlashを使えるようになりたい」
なんていうたぐいの話はよく聞きますし、
実際、たまにそぅいうメールを頂いたりもします。

何かやりたい事があるというのはイイ事ですし、
頑張ってもらいたいと思います。

ですが、
Flashを使えるようになったからと言って、必ずしも面白いモノが作れるとはかぎりません。

まー
当たり前の話なんですが、結構勘違いされてる方が多いように思います。

きっかけは大抵、他の人の作った素晴らしい作品を見て、
自分もやってみたい!
こういうのが作りたい!
なんて思って始めるんだと思います。

そして、
ソフトを手に入れ、
使えるようになる為、勉強するわけですが、
ココが第一の難関で、
使い方が難しくて挫折してしまう人もいるでしょう。

しかし、
努力の結果、
ソフトをある程度使えるようになった所で第二の難関が待っています。

それは
"何を作るか?"
です。

ソフトは何も考えてはくれません。
ソフトはあくまで自分のイメージを具現化する道具です。

ソフトの習熟は他人の真似をしながらやっていく場合が多く、考えなくても何をすればいいかがハッキリしています。

ところが、
いざオリジナルのモノを作ろうという段階で、
「何を作っていいのかわからない??」
という状況に陥ってしまいます。

こういう人って、
なにか面白いモノが作りたいと思って始めたソフトの勉強が、
いつの間にかソフトを使えるようになる事が目的になってしまったんじゃないかと思います。

使えるようにさえなれば、面白いモノが作れるはずだ!
と錯覚してしまうのかもしれません。

もちろん、
何を作るかは自分で考えなければなりませんし、
それが出来ない人には面白いモノなんて作れません。

技術はあるのにオリジナリティーが無く、他人の真似のようなモノばかり作ってる人をよく見かけますし、
そういうのを見ると、
「もったいないなぁ〜」
と思うわけです。

Flashに限らず3Dソフトとかもそうですが、
"使えるようになる"
事より、
"何を作りたいか"
の方が重要です。

Flash自分もやりたいなー
なんて思ってる方は、その辺の事をまず考えてみてはどうでしょうか。
web拍手 by FC2
COMMENT